Entries

和力

またご無沙汰をいたしました。

最近ちょっと過労気味で、頭の中がフリーズしていてブログが書けません・・・。とにかく近況報告を。

1月24日、無事、和力の公演が終わりました。
おかげさまでたくさんのお客様に来ていただくことができました。

sisimai.jpg
すやすや寝ているお獅子。

danjiri.jpg
だんじり囃子

saigo.jpg
みなさんにご挨拶。

(写真提供:和力事務所)

2年ほど前から、和力は「音舞語り」というのをやっています。演奏とあわせて、お芝居のようなものをやるのです。前回の練馬公演では「牡丹燈籠」。ほかに、ヤマタノオロチのお話や、浦島太郎などもあります。

誰もが聞いたことのあるお話に、和力としての解釈を加えて新たな物語にしている。

それで、今回の演目は「雪女」。

雪女は、春になったら溶けてしまうけれど、自分に惚れた男性の命を吸い取ることによってその命をつなぐことができる。
だけど、ある時、雪女のほうが男を好きになってしまう。だんだん暖かい季節になってきて、雪女の体は弱っていく。男の顔を見て悩む雪女…


和力の作るお話には、ある種の共通点があるように思っています。
牡丹燈籠の主人公は、すでにこの世にいない女性。ヤマタノオロチは半身が蛇の男性。雪女も、人の命を奪っていく存在。
昔話の中で、「異種」として恐れられる存在として登場する人物達。
けれど、和力の音舞語りに登場する彼らは、恋心を持ち、迷い、苦しむ「ふつうの人」として現れます。

「異種」を恐れるという感覚は、自分と異なる者に自分と同様の人格があることを認めないこと―差別の感覚につながっているように思うのです。
だから和力が、「異種」とされる者の中にある「心」に着目した物語作りをしていることに、興味と共感を覚えます。

私はどちらかというと、そんな風に客観的に見ていたのですが、今回、来てくださったお客さんの感想を聞いてみると、「もし自分が雪女の立場だったら」という、私とは違う視点の話が出て、面白かったです。

和力版雪女では結局、愛する男の命を取ることなく雪女は姿を消すのですが。

姿を消す前、雪女は眠る男の脇で悲しそうに舞います。

それを見てまず、「雪女は最後まで、男の命をとるかどうか迷っていたんだ」という人がいました。
それに対して、「いや、迷ってなんかいない。はじめから自分が消える覚悟はしていたけど、男のもとを去るのが辛かったんだ」という人もいました。

「私だったら、どんなに愛する人のためでも自分を犠牲にしたりはしない」という女性。
「私は、どうすれば良いかと悩んで、結論が見つからないままもだえ苦しんで死んでいくかも・・・」という女性も。
「自分が雪女の夫の立場だったら、ひとり後に残されて悲しむよりも、命を吸い取られてしまったほうがましだ」という男性もいました。

ふーん、そうか、おもしろい。同じ物語を見ても、解釈は人によって違うし、自分だったらどうするかというのも人によって違うんだ。

そこで私も客観的解釈から離れ、改めて「私が雪女の立場だったら」を考えてみました。

私は、好きな人の命は吸い取らずに、自分が溶けて消える方が良い。
それは、相手の命を吸い取って生き延びても、好きだった人がいなくなっている状態で自分が生きていかなくちゃならないのはたまらないから。まあ、この考えは相手のためというより、ある意味自分のためかもしれませんが・・・。

とにかく、大変な選択です。看取るのと看取られるのとどちらが幸せかという、誰もが人生の最期に突きつけられる問題にも通じるような。

だから、私の結論としては、雪女が舞っているときは、男の命を奪うかどうか、迷っていたのではないかと思います。それは、自分が生き延びるためではなくて、どっちの選択がお互いにとって幸せなのかということの迷い。


まあ、いずれにしても作品に唯一の回答はなくて、「こんな解釈もあるね」と話し合うことによる楽しみもあるんだと思います。

今回の公演には、そんなことを語り合える人たちがたくさん見に来てくださったのが嬉しかったです。

1年半前にやった練馬公演よりも、お客さんの人数も客層もずっと幅が広がり、これからも進化を続けていく予感がします。

次回は、いつ会場を取れるかというくじ運によるのですが(^^;)、近日中に次回の公演予定をご案内できればと思っていますので、ぜひ、お越しください。

※かとうぎ桜子のHPはこちら

4件のコメント

[C305] 和力、そーt-よかったです

加藤木さんから「いろいろあって楽しいですよ」と予告されていても
太鼓や三味線、お箏のステージを単純に予想していたのを
裏切られたと知ったときの喜びは、悔しいったらありゃしない。
きみまろさん的な軽快な話術に引き込まれて知らず知らずに
深みに連れて行かれていましたね。

雪女、難しいですね、解釈以上に自分はどうするか。
むかし、さだまさしさんの『関白宣言』に「俺より先に死ぬな」と言う歌詞があり
それに納得していた時があったのですが
いざ結婚して子供がない今、女房殿をちゃんと看取るのが責任と
(そのための努力もしていないしトドのようにひっくり返って微動もしない休日を過ごしていますが)
とりあえず思っています。
大した蓄えもない今、せめて苦労をかけた妻をきちんと看取り
野垂れ死ぬのはわたくしが、と言う思いです。
悲しいなぁ
  • 2010-02-01
  • 投稿者 : ター
  • URL
  • 編集

[C308] ターさん

コメントありがとうございました!
そして、来ていただいてありがとうございました。

そうなんですよね、和太鼓とかいう説明だとイメージが違うんですけど、なんて宣伝したら良いんでしょうねぇ・・・良いアイデアがあったら教えてください♪

たしかに、看取ったうえであとには自分が残るほうが相手に対しての優しさではあるのかも・・・難しいですねぇ。
雪女の場合には今までずっと人の命を吸い取ってきたから、本当に好きな人に対しては違う態度をしたかったのかも知れませんが。
  • 2010-02-06
  • 投稿者 : かとうぎ桜子
  • URL
  • 編集

[C311]

昨日、和力事務所から通信が届き桜子さんの感想を再び読ませていただきました。

とにもかくにも満員近い観客の中で見れたことが、私にとってとても嬉しかったです。
よかったですね。

ロビーに出てきた人が、アレが凄かった・これがよかったと口々にお話をされているのを聞き和力の一ファンとしてちょっと幸せになりました。


さて、「雪女」ですが、なるほどいろいろな解釈があるんだ~と面白かったです。
余韻をこのような形で残してくれると、いつまでも舞台を忘れないのですね。


私の雪女像は、ユキは命を取るかどうか迷っていなかったと思うのです。
ユキの心の表現が舞なら迷いから出る苦しさを持ったまま、あれほど美しく舞えないというのが私の見解です。

添い遂げられない寂しさ・・・もっと一緒にいたい。
自分が突然消えれば夫が悲しむだろう、苦しむのかもしれない・・・と思う刹那さ。
愛した夫との別れが刻一刻と近づく・・・そんな愛情を知ってしまった。
ともすれば愛する幸せを知った喜びもあったかもしれない。。。感謝の念もあったかも知れない。
黙って消えていく自分。
残された人への想いがどれほどのものかを、安否を気遣う愛情が、美しさをより引き出していると感じました。

物語の行く末ではなく、舞が語るその姿に命を取る取らないではなく、消え行く最後の時にはユキの決心はすでに超えていたと信じたい。
そんな甘っちょろい私の感想です。

[C315] はぁりいさん

はぁりいさんも、随分前にコメントいただいていたのに、返事ができていなくてすみませんでした。

なるほど、迷いがあったらあんなに美しく舞えない・・・っていうのは、そうかもしれないですね。雪女の話に限らず、周りに左右されていつも迷っている人は、見ていて美しくないですものね(^^;

どっちの行動をとるかという迷いというより、残していった夫はどんな気持ちになるのだろうかという悲しみだったのかもしれないですねー。
  • 2010-03-29
  • 投稿者 : かとうぎ桜子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/439-f460dfa5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

過去ログ