Entries

今日のイベントの報告

今日は、埼玉県の鶴ヶ島で友人の川田虎男さんが企画したイベントに参加してきました。参加というか、ゲストスピーカーみたいなやつです。
政治不信の若者と語ろうというような趣旨で、私と松戸市議の山中啓之さんが呼ばれてました。

社会人になって1~3年くらいの若者が多かったかなと思います。

結構、面白かった。

よく聞かれることですが、「議員の仕事って何なんですか?」とか、「お給料は良いんですか?」とか、「ふだん、何をやっているんですか?」とか、「悪い政治を良くするためにはどうすれば良いと思いますか?」なんていう質問が出て、やり取りをする感じ。


「政治」の話ってなかなか一般的には話題にしにくかったりするし、それに政治に不信感があったり無関心だったりするのは、そもそも「政治」とは何なのかというのが漠然としたイメージしかないからじゃないかなと私は思うのです。


社会の中での人と人の間に生じる葛藤はすべて政治といえるかもしれない。

政治に対する不信感を誘発するのは「政治とカネ」というやつですね。
カネや名誉やしがらみに動かされてしまう、流されてしまう人間の心理と、それを前提とする交渉も「政治的」といえるかもしれない。


だけど本来、政治は何をすべきなのか。どうあるべきなのか。

私は、自由に任せているだけでは光が当たらず放っておかれてしまうかもしれない弱い立場の人たちの声に光を当てることや、組織の理論(役人の考え)では見逃されてしまうかもしれない問題について光を当てていくのが政治の役割ではないかと思っているのです。それが目的。

目的を達成するために、今の課題を多くの人に知らせなくてはいけない。印刷や郵送にお金がかかる。当選しなければ目的は達成できないから、当選するよう頑張る。
これらは、目的を達成するための手段です。

しかしときどき、人間って、手段と目的がごちゃまぜになりますよね。手段だったはずのことが目的化してしまう。
「当選したら何をやるか」ではなくて、当選することそのものが目的になっていってしまう。

カネにだらしがない人間に政治を任せて良いのか、という点では、カネの問題は見逃してはいけないけれど、でもこれはあくまでも手段の失敗だと思うのです。
じゃあ目的の方はどうなっているのか、という点も同時に見ていかないと本末転倒になるんじゃないかと思うんです。

政治家自身が手段と目的を混同して失敗することがたくさんあるけれど、それだけではなくて、社会全体のなかでも、政治の手段と目的が混同して議論される傾向にあるような気がして。だから混乱したまま漠然とした不信感になるんじゃないかなと思いました。

そんなことを一生懸命ぺらぺらしゃべっていたら、風邪でやられた喉が悪化しました。喉が痛いよ~。咳がつらい~。

というわけで、論文の話のつづきはまた明日。

※かとうぎ桜子のHPはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/447-9fe9bfd1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ