Entries

区政報告&意見交換会が近づいてきました

なんだか最近、天気が悪いですね。自転車でひょいと出歩けなくて不便・・・憂鬱な気分になってきますねぇ(--;)

私はいつまでも咳をしているので、ちょっと前に病院で検査をしてもらったら、スギ花粉症だったと判明しました。花粉症だと咳が出ることもあるから・・・とお医者さんは言っていましたが。

今まで「花粉症じゃないぞ!」と言い張ってきたのですが、血液検査の結果だからしょうがないですねぇ。花粉症だといわれたとたんに鼻水がたれてくるようになりました


さて、今度の日曜日、区政報告&意見交換会です。
照姫まつりを初めとして、いろんなイベントと日程が重なってしまったので、参加者が少なさそうなのですが・・・(><)
日程調整の仕方がうかつでした・・・(でも4月中のほかの土日に会場が取れなかったのです。すみません。)。

でも少人数な分だけアットホームな会にしたいと思っていますので、お時間のある方はぜひいらしてください。

区政報告&意見交換会
4月25日(日)午後2時~4時 勤労福祉会館(大泉学園駅南口)
司会:川田虎男(日高市議会議員)


ようやく資料の準備が終わったのですが、予算全体のお話を少し行うほかに、区立保育園民間委託の現状のこと、子どもの虐待のこと、高齢者の住まいのことについてお話したいと思います。

参加者の希望にもよるのですが、子どもの虐待に関しては、江戸川区が虐待死亡事件についての検証報告書を出しているので、それを見ながらみんなで「なぜ死亡にいたってしまったのか」「どうしたら今後、こんなケースを起こさずに済むのか」ということを議論できたらと思っています。


私が今、政治に携わっていてすごく気になることがあります。
「行政改革」とか「無駄をなくす」ということが言われるけれど、では具体的に何なのか、どうすることが一番いいのかということが深く議論されていないということです。

たしかに、テレビなんかで取り上げられているように、独立行政法人がとっても豪華な建物を使っていたりするというのを見ると、これは明らかに無駄だろうとは思うけれど。

非常識な豪華さをもっているということは言語道断だけれども、でもだからといって「どうせ行政は無駄なことをしているだろう」という先入観をもって見るだけでは実態も課題も見えてこないと思うのです。
「無駄だからなくす、減らす」というのは、とても分かりやすいけれども、ともすれば思考を深めることがなくなってしまうキーワードでもあるような怖さを感じます。

そもそも、本来行政がやらなくてはならないのは、数字にあらわれないこと、売り上げの上がらないこと、だけど社会に必要なことであるはずです。
虐待も、対応を失敗して子どもが死んでしまえば問題になるけれど、上手く対応できていればまるで無かったことのように評価されない心配もある。

保育園のことも、どんな保育環境で育つとどんな人間になるのかは、すぐには見えない。20年くらいしてからわかってくることもあるでしょう。

必ず何らかの形でいつかは結果が出てくるけれど、すぐには数字としてあらわれない取り組みの必要性をどう検証していくのか、というのは、行政の職員にとっても、政治家にとっても、それから対人サービスに従事している福祉の仕事をしている人などにとっても、今後大きな課題になるのではないかなと考えているところです。

・・・課題が大きすぎて、区政報告会で上手く伝えられるかどうかも心配なところですが。。


司会をやってくれる川田さんとは今晩打ち合わせをするんですけどね。

先日、電話でちょっと話し合った感じだと、どうも若干、私と川田さんには見解の相違があるような気がしています。
今日、打ち合わせをすることによってその溝が埋まれば良いんですけど、溝が深まった場合には、当日は私と司会者が喧嘩をする会になったりして・・・(^^;

※かとうぎ桜子のHPはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/462-d6851ed1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ