Entries

アウトドア・・・

ようやく練馬に帰ってきました。ただいま・・・。

いとこは長野の阿智村というところに住んでいて、いとこ一家が夏休みの家族旅行に行く間に私・父・伯父が犬猫の世話に行っていました。本当は8月5日に帰ってくるつもりだったのですが、ちょうど同じ時期に福祉関係の知り合いが団体で長野に遊びに行く計画があってお誘いいただいたもので、5日から8日まで合流することになりました。

その福祉の集団(?)は、本当は8月7日から10日まで長野に来る予定だったのですが、私がちょうど5日まで阿智村にいるということを知って、一部の人が5日に先に来てくれることになったのでした。

飯田市の山奥に大平という場所があって、かつて林業をやったり、宿場として栄えていたそうです。

oodaira1.jpg

oodaira2.jpg

しかし産業が移行してく中で集落の人が食べていく方法もなくなり、閉村することになったという経緯だそうで。
宿場としてあった場所はいろりのある昔風の家々で、これをすべてつぶすのはもったいないということで、「大平宿をのこす会」が中心になって、宿としての活用と保存を図ってきたようです。

oodaira3.jpg


泊まる人は家の掃除をし、いろりに火をたいて食事を作る。自然を楽しみ、残された家を活用することによって今後も保存していこうということで。

oodaira3-2.jpg


それで、この大平宿を使って、障害のある人たちが宿泊をするという取り組みをしたことがあるという方が知り合いにいまして、あるときの雑談の中で「加藤木さんもぜひいつか大平宿に行こう」と言われていたのが今回実現したのでした。

携帯電話も通じない山奥です。(この3日間のあいだに電話をくださった方にはご迷惑をおかけしました。)

8月5日、いとこの家から大平へと移動。
仕事の都合のある父と伯父は1泊だけ大平へ宿泊。

父は料理が大好きで、伯父は自然が大好きなので、嬉々としながら火をおこして料理を作って満足した様子で6日の朝、先に帰って行きました。

oodaira4.jpg
(嬉々としている伯父の後ろ姿)


本来、来るはずだった福祉集団の後発隊は8月7日に合流する予定。

アウトドア派の加藤木家が帰ってから福祉集団・後発隊が来るまでの丸一日、私を含めて何人かが大平に残されていたのですが、この人たちが全然何もできない状態でして・・・(--;) 若干予測はしていたものの、予想以上に地獄のような丸一日でした。


実は私、今まで隠していましたが、アウトドアが大嫌いなのです(笑)
休みの日は家にこもって誰にも会わず、中島みゆきの歌でも聞いてじとーっと家にいたい。
さわやかに外で遊ぶ気がしれない。

でも、アウトドアが趣味の人を否定するつもりはないので、あんまり嫌いだと公言したら悪いなあと思って、隠していたんです(^^;

年に何回か、色んな人からバーベキューのお誘いをいただくことがあって、もちろんお誘いいただいたら都合がつく限り喜んで参加させていただくのですが、でも個人的には、なんでわざわざ外で肉を焼かなくてはならないのか理解ができない。家の中で食べればいいじゃないか・・・って。

それでも散歩とか山歩きとかはだいぶ楽しんでできるようになったんですけどね。


そんなわけですから、アウトドアの行事には、それが大好きな人に誘われてかなり消極的に参加するだけなので、私自身はまったく何もできないし、やろうとも思わなかったのです。

oodaira5.jpg
(いろりの火)

いとこの家のお風呂は薪で炊いて温めるのですが、アウトドア大好きな伯父が嬉々として沸かしてくれるお風呂に「ほいほい」と入るだけなのが私です。

そんな私が、似たようなタイプの人とともになぜか山の中に取り残された格好。


しかし、火をおこさないとご飯も食えない。
イライラして、本物の火がつく前に私の頭に火がつくかと思いました(--;)

oodaira6.jpg
(むかっ腹を立てながら火の世話をする私の後ろ姿)



料理はそんなに苦痛じゃなくできるけど、でも別に大好きなわけでもない。
普段だって週1回くらいしか自炊をしないというのに、せっかくの夏休みに恋人でも家族でもなんでもない人たちのためになんでせっせと料理をしてやらなくてはならないのかと思うとまたイライラ(苦笑)


結局、試行錯誤の末、火は起こせるようになりました。
山登りだろうがバーベキューだろうが、火がおこせなくて困ったら私を呼んでくれ、どんとこいだ、という感じです。でもできるようになったからといって全然、アウトドアが趣味にはなりそうもないです。仕事に近い義務感で火をおこし料理をした感じです(^^;

7日に合流した福祉集団・後発隊はアウトドア派が多かったので、地獄の苦しみは1日で無事、終了しました。

oodaira7.jpg
(後発隊が来てホッとした団欒)


いやはや、しかし、人には本当に得手不得手というものがあるものですね。私はアウトドアはなんとなく「食わず嫌い」なのかなと思っていたのですが、どんなにやっても好きにはなりませんでした・・・普段のお仕事以上のストレスでした。。さながらドラマの「北の国から」で、幼い純君が初めて北海道の山奥に移り住んだ時の気分でした。

私は過度のストレスがたまるとまず自律神経がおかしくなってきて胃腸を壊しまして、それもさらに超えてくると、「電気を消したかしら」「戸締りをしたかしら」「もっと手を洗いたい」ということが執拗に頭をもたげてくるという神経症のような状態になるのですが(^^;)、何年かぶりにそれに近い状態になってげんなりしながら東京に戻ってきました。

そうだそうだ、私はこの神経質なところをごまかすために普段は努めてポケーっとしていたんだよなあ・・・などと、自分の弱点を改めて思い出してさらにぐったり。

あーあ、私はさわやかな明るいアウトドア派にはなれないわ、とぐったりして、しばらく家に引きこもりたい気分で、休みに行ったのかストレスを溜めに行ったのか分からない状態ですが、なんとか気分を入れ替えて明日からは通常業務に戻ります。
やれやれ。


でも、アウトドアが得意な人たちと一緒に行きさえすれば、大平は涼しいし自然もいっぱい、お水もきれいなとても素敵なところでしたよ。自然大好きな人はぜひおすすめです。

oodaira8.jpg

oodaira9.jpg


※かとうぎ桜子のHPはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/486-ef3649bb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ