Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/494-b75d67fe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

友達のこと

さっき、大学の友達が死んだという連絡を受けて、ショックでぐったりしています。
あまりに突然のことで、耳の中がガンガンする感じがして、今晩は仕事になりません。

Nさんは大学に入学した時に同じクラスにいた人でした。私より何歳か年上だった。

当時の私は今よりもっとピリピリした性格だったし、基本的に根暗なので必要がなければあまり周りの人に話しかけない・・・(笑) でもNさんはそんな私にもよく声をかけてくれたものです。

専攻に分かれてゼミを選んだら、またNさんと一緒になり、2人でゼミの代表をやることになりました。

Nさんは優しいけどぽーっとした人で、ゼミ合宿のお金の徴収をどうやったら良いのかもわからないような人。
今でもゼミのみんなとは年に何回か集まるけど、Nさんはあまり動くことができず、今では幹事は私だけがやるのが当たり前、みたいになっていて。
「まったくもう!Nさんはしょうがないな!」と私が頭から湯気を出してぷんぷんしながら仕事をしていたものです。

だけど改めて考えれば、何歳も年下の私から怒られてもいつもにこにこしていて、私が「そろそろ同窓会を企画しようかな」と相談すれば「そうだね」と答えてくれる(まあ、ただ「そうだね」と返事しているだけなんだけど 笑)、私にとっては大切な存在だったんだろうなと思います。


ずっと具合が悪かったなんて、知らなかった。


仕事がかなり忙しくて無理をしているようなのは、気にはなっていました。

だけど死ぬほど具合が悪いなんて知らなかった。

なんで気づかなかったんだろう・・・。

たとえ解決はしなくても、話を聞くことくらいはできたかもしれないのに。
そしてそうやって話を聞くことが普段の私の仕事なのに。
たとえ1年に1,2度しか会わなかったとはいえ、なぜ10年来の友達の異変に気付かなかったのか。私はいったい今まで何をしてきたんだろう・・・と思うと、悔しいです。
もっとじっくり、友達の声に耳を傾けることができなかったんだろうかと。


ただ一方で、普段、どんなに困りごとを抱えていても、たまに会う昔の友達と一緒にいるときは、楽しい自分でいたいという思いもあったかもしれません。


思えば自分の心の中の深い悩みを誰にでもさらけ出す人なんていないですよね。外から見て分からなくても、誰もが何かを抱えて生きている。


何もできなかった悲しみを感じながら、「人の命と健康を守るために、友人・知人のつながりは一つの大事な要素だけど、万全のセーフティーネットではないんだな」ということをしみじみと感じているところです。

友達との関係、地域との関係、家族との関係、制度とのつながり、すべてバランスよく必要です。

せめてNさんが、私が心配するよりももっと心おだやかに最期を迎えていられたなら良いなと思うしかありません。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/494-b75d67fe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

過去ログ