Entries

大泉学園周辺のこと

私が住んでいる大泉学園町には、将来大江戸線を延伸させるという動きがあります。


ちょうど私の住んでいる大泉学園町4丁目あたりに駅ができるという計画があるそうです。


たしかに、大泉学園町、特に関越を越えた側に行くのは大変です。自転車で15分~20分。疲れているときは一苦労です。バス通りも混雑するから、バスに乗っても時間的には自転車とあまり変わらない…。


前回報告した意見交換会でも、「練馬の困っているところは交通の便が悪いところ」という意見が出ましたが、自由に動ける私でも大変なのに、これが高齢者であったり子連れの人、障害のある人、車や自転車に乗れない人だったらさらに大変でしょう。


だから学園町の人にとって、大江戸線延伸は長年の悲願なのです。


一方で、大江戸線の駅と西武線の駅はつながらないらしい。そうすると、西武線近くに住んでいる人は、大江戸線ができたら生活環境が変わってしまうのではないかという不安を持っているという話を聞きました。


 


一つの出来事に対して、おかれている立場や住んでいる環境が少し異なると、望むことも少しずつ異なっている。「すべての人が幸せ」という状況を作るのはなかなか難しいことだなあと改めて考えました。


だから、「すべての人が幸せ」に一歩でも近づけるためには、いろんな立場の人が話し合う場を作ってそれぞれが「今何に困っているのか」「これからどうなったら困るのか、どうなって欲しいのか」を挙げていって、お互い歩み寄れる点を見つけていくことが必要なのではないかと思います。役所や誰かが決めるというのではなくて、そこに住んでいる人たちが自分達で意見を出し合っていくということをもっと増やしていければ、地域は少しずつ変わってくるのではないかと思っています。


それから、前回の日記にもチラッと書きましたが、今の練馬の良さに、住んでいる人自身がちゃんと気づいて、それを守って行くことも必要だと思います。


私は小さいころから東京近郊あちこちに住んできたので、その分練馬(特に大泉)と他の区の違いにはたくさん気づくことができるところがあると思います。近くにいる人ほど、気づかないことってありますよね。例えば東京に住んでいる人ほど東京タワーには行かなかったり(笑)


ずっと昔のブログにも書きましたが、畑で野菜を売っているというのはとても素敵なところだと思います。


それから、駅から離れたところに、おいしいお店、素敵なお店が多い。前にも書きましたが、素敵な店に行きなれると、チェーン店には行けなくなっちゃいます。


都内のほかの場所に行くと、駅を降りたらここはあの駅とそっくりだ、と思うことがたくさんあります。年末に荒川区の親戚に会いに行って、その後友人に会いに立川に行ったら、駅前にある店の数店がまったく同じ店だったのにびっくりしました。


大泉にはそうではない文化の豊かさがあるように、私は感じています。


一般的に、お店は駅周辺で発展するものだと思いますが、大泉はどうして駅から離れても面白いところがいっぱいあるのかなあ、と思うと、交通の不便さが逆にその地域の文化を育み深めている部分もあるのかな、なんて思います。ゆったりゆったり、一つひとつの店が個性を育てている感じ。


その素晴らしさに、住んでいる人が気づいていないと、大江戸線が通った時にせっかくの文化が崩れてしまいかねないと思います。交通自体便利にはなってほしいけど、大型スーパーやチェーン店ばかりの一般的な駅周辺みたいになるんだったら、なんだかいやだなと私は思います。素敵なお店はそのままたくさんあってほしい。


それは西武線の駅周辺も同じで、その地域独自の文化を温めて守り、それを多くの人に伝えていくことが必要になってくるんだろうなと思います。


文化が豊かなことは、心が豊かなことにつながるのでしょう。より便利になることを目指しつつも、便利さ一辺倒になるのではなく、心の豊かさも保っていけたらいいですね。


私も一緒に、どうしたら良いか考えていきたいと思います。

4件のコメント

[C28]

日々の活動、お疲れさまです。練馬区は新しさと古さが混在する街並みですよね。私が住む春日町は環状8号線も開通し、交通の便はかなり、改善されたと思います。光が丘を中心とする比較的新しい街と、土支田や高松など昔からの地主の方が多い街(すみません、印象だけで調べてませんが(^^;)つまり、地主の方が多い街では、区画整理がうまく進まず交通の便が他地域より、遅れがあるのかも知れません。また、大江戸線延伸は関越付近の方からすれば要望が多いのかも知れませんが、不安もあります。例えば通勤客が新宿まで4・50分以上?かけて利用するのか、勿論、東武線や西武線接続があれば、バスより時間が正確ですから利用は多いと思いますが・・・。また、足腰の弱いお年寄りは、駅の階段が辛く、乗降の楽なバスを多く利用すると聞いた事がありますし。より多くの方の意見をもとに、住みよく、練馬らしさを活かした街づくりを望みます。・・・好き勝手なことばかり言ってスミマセン!!
  • 2007-03-21
  • 投稿者 : はち
  • URL
  • 編集

[C29] はちさん

いつもコメントありがとうございます。
そうですね、ほんとに練馬は広いですね。
光が丘、土支田、大泉、江古田…などなど。全部同じ区とは思えないほど、雰囲気が違いますよね。

私が今の活動を始めたのは、「地域福祉」に関心があったからです。「高齢者」「障害者」などの分野ではなくて、すべての人に関係する「地域」というところから関わっていきたいという思いがあったんですが、ただ、今回の日記でも書いたみたいに、自分自身が転々としてきたので、「地域」とは具体的にどのレベルのことを言うのか、というのをもっと実感として持たなくてはいけないと思っています。
どの範囲を自分の身近な「地域」と呼ぶのか、難しいですよね。区のレベルなのか、町レベルなのか。細分化しすぎてもまた見えなくなるものもありそうですし。。

なるほど、確かにバスの方が高齢者を多く見かける気がしますね。
車椅子の方と一緒に出かけるとしみじみ思いますが、駅にエレベーターがついてもホームの端っこの方についてたりして、不便なんですね~。車椅子に乗っている方から「自分は車椅子だからかえってこの距離はそこまで苦にならないけど、歩いてる人は大変でしょ」と言われたことがありました。高齢者ならばほんとにエレベーターまで行くだけで大変ですよね。大江戸線は奥深いし…。

高齢者や障害者の病院への送り迎えとか、よりきめ細かな対応が必要な方で不便な場所に住んでいる人の交通をいかに確保するか、ということも考えなくてはいけませんね。

通勤客に関しては、住宅地を通り抜けて都心に出ることになると想像するだけで恐ろしい通勤ラッシュでしょうね。。うーん。
そもそもなんでそんなに皆こぞって都心に行かなくてはならないんだろうか、という気がしてきてしまいますねえ。
昔保育園でアルバイトをしていましたが、頑張って長く預かって貰っても7時30分~18時くらいまででしょう。私が働いてる時間帯を考えると、朝は7時30分には電車に乗って帰りは19時くらいにはなってたから、フルタイムで働いてる人が子育てしながら仕事をするってほんとに大変だろうなと思ってましたが、働く場所が都心じゃなくて自分の住んでるまちだったら、一番良いんじゃないかなと思います。ラッシュも緩和されるし。
朝の駅で挨拶してると、ほんとに皆忙しそうで疲れた顔をしてらっしゃいます。もう少し人間の体のリズムに合った生活を作れたらいいですけどね。まだ全然具体的じゃなくて、個人的な思いですけど…。
  • 2007-03-22
  • 投稿者 : かとうぎ桜子
  • URL
  • 編集

[C30] 駅

大江戸線の延長って話は大分前からありましたよね?
大泉まで物が延びれば1本で都心まで行けるし便利そうです。
大泉には大きな病院が少ないから 高野台か光が丘の両方に行けれる様になりますしね!

っと言うのは簡単だけど、実際は大変だろう・・・
  • 2007-03-23
  • 投稿者 : タカ
  • URL
  • 編集

[C33] タカさん

コメントありがとうございます。
そうなんですよね。
10年くらい後に着工できるように準備中なんだそうです。
でも、今はすでに人が住んでいたりするところに新しく電車を作るのって大変なんだろうと思います。

光が丘方面は車やバスで行ければ近いけど、そうじゃないととても遠回りになりますものね。
  • 2007-03-24
  • 投稿者 : かとうぎ桜子
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/51-99213b1d
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ