Entries

地震で感じる課題と区行政への要望

東京では恐ろしい余震は落ち着きました。地震の当日、議会の関係で私は家を長く留守にしたため、我が家の猫はしばらくおびえていましたが、ようやくずいぶん元気を取り戻してきました。
東京にいる私たちの身体的なショックは少し落ち着いてきたかもしれませんが、しかし、それとは別に、週が明けて様々な点で混乱していますね。

まず停電のこと。
昨晩に急に今朝からの計画停電が発表になりましたが、東電のHPを見てもいまいちよくわからず、私は不安な気持ちで眠りました。
夜半になって西大泉の知り合いからメールをもらったり、練馬区の「ねりメール」という、情報提供のメルマガで情報をもらったりして、具体的に練馬のどの地域が停電の可能性があるのかということ、それに伴って西武線が運休するということを知りました。

(ちなみに、練馬区からの情報によると、東大泉1~7丁目・西大泉1~6丁目・南大泉1~6丁目・学園町2丁目・上石神井1~4丁目、石神井台1~8丁目、関町北1~5丁目、関町東1・2丁目、関町南1~4丁目、立野町が東電のいうところの「第1グループ」。旭町2・3丁目が「第3グループ」だそうです。)


月曜日はいつも大泉学園駅でチラシ配りをしている日ですが、電車も止まるということでとりやめて、駅の様子だけ見に行きました。
私が行った朝8時くらいは駅への入場制限があって北口も南口も長蛇の列でした。

高齢の人たちは、「いったいなんで並んでいるんだろう・・・電気のせい?余震のせい?」という具合に、まったく新しい情報を得られていない人もいるようでした。


停電に関しては東電じたいが混乱しているようだし、練馬区のHPもアクセスしづらくなったりして、本当に混乱した一日でした。


停電すると、医療を必要とする人の状況も心配です。
病院にいればいいけど、在宅の人もいる。

福祉関係の人のなかでは人工呼吸器使用者には配慮されるんじゃないか・・・という情報が昨日は飛び交いましたが、どうやらそうではないらしい。医療機関に相談しつつ自分たちで工夫するしかないようですね。

私が介護の仕事をしていた時、人工呼吸器を使用する患者さんの介護をしていたときがありました。
ふだんはコンセントから電源をとることによって、人工呼吸器が作動して呼吸できているのですが、外出時や緊急時にはバッテリーを使うことになる。
あらかじめ充電されていたバッテリーを使って人工呼吸器を作動させるんですが、やはりコンセントから電源をとるよりパワーが弱いし、不安定で何かしらトラブルが起きたりする。

さらに電源がダメでバッテリーもダメということになったら手動のアンビューというもので空気を送ります。風船みたいな形のものを手で凹ますことによって空気を送りだして呼吸をうながすのですが、強すぎたら肺を傷めるし弱すぎたら苦しいし、本人も介助者も冷や汗をかくものです。
本当に想定もできない緊急事態ならばしかたないけど、こんな状態を「計画停電」で味わうなんて、たまらないです。


街はガソリンスタンドもスーパーも大変な混雑。なんで東京でこれほどまで・・・というほどの状態。


まずは早急に情報共有をして、不必要な混乱は抑えていくこと、医療・介護の必要な人で電力が欠かせない人への配慮のしかたを早急に考えることが必要だと思います。

それから、震災が起こった日に議会が終わってしまったので、今すぐに議会で提案できないのでここに書きますが、区の情報発信のしかたはもっと工夫が必要だと思います。
ぜひ、こうした緊急時だけでもツイッターをやるべきだと思います。

私は今までツイッターをただの簡易ブログというくらいの気持ちでとらえていました。一応私自身も始めたけど、それほど重きを置いていなかった。たまに他の会派の議員が「区もツイッターを始めたら?」と言っていたけど、私はまあやってもやらなくてもいいのではと思っていました。

けれど今回の出来事で、今ツイッターの情報共有の能力はすごいなと思いました。
11日の震災が起きた日は私は議会にいて、残念ながら区民の皆さんの生の状況を知ることはできなかったけれど、ツイッターを通じて、区民が歩いて練馬まで帰ってくる様子や、あちこちで帰宅困難者対策が行われている様子が伝わってきました。

そしてテレビなどではなかなか乗りづらい地域の情報、一人ひとりの困りごととその対策がツイッターには載りやすいことも分かりました。


たとえば、停電がいったいどこで起きるのか、テレビを見ているだけでは分かりづらかった。それが練馬区のHPに載ったので私は分かりました。でも、区民の皆さんのなかには分からない方もいた。私がツイッターを通して区の情報を書くことで初めて知る区民の方々も何人もいました。

ですからぜひ、緊急時の情報発信だけでかまわないから、練馬区にもツイッターを始めていただきたいのです。

国の省庁ではすでにツイッターで情報収集をやっているところもあるわけですしね。

別に双方向性まで活用できなくても、まずは情報発信だけでもかまわないのです。

今日、練馬区のHPにつながりにくい状況が生じていても、ツイッターには接続できました。もし区がツイッターをやっていれば、区民の皆さんはもっとスムーズに情報を得られるのです。


今、区の公式のツイッターがない状態では、とりあえず当面、私は区や西武鉄道などから得られる情報は自分のツイッターで発信するようにしますが、やはり一人の議員が情報発信するのではツイッターをやっているすべての区民には届ききれないと思います。

ツイッターを始めるのには予算は要りません。数日中に大きな余震が来るかもしれないとも言われている中です。ぜひ早急に検討していただきたいです。

※かとうぎ桜子のHPはこちら 

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/524-83c89d69
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ