Entries

学校のプール/給食のこと

以前のブログで放射能の心配をうけて学校のプールは今年どう対応するのかということを書きましたが、それ以降もたくさんの保護者の方からお問い合わせ、ご意見をいただいています。
ブログにもコメントをいただきありがとうございました。ふだんはコメントひとつずつにお答えしていますが、今回は区の対応をまとめてご紹介させていただく形をとります。

「うちの学校は、このブログに書いてある対応と違うみたい・・・」というご不安がある場合は、学校名をお教えいただいたうえで状況をお聞きしたほうが良いので、ぜひ個別にご連絡をいただければと思います。

私のメールアドレスはsakurako_happy_society@yahoo.co.jp
(6月2日にブログを書いた時、アドレスが1文字脱落していました。訂正しました。失礼いたしました。)




★プール掃除について
「プール清掃はすべて業者に任せることとし、児童生徒がかかわることがないよう徹底をお願いします」という依頼が、教育委員会から各学校長・幼稚園長あてに出されています。

★ヤゴのこと
ふだん、プールに生息しているヤゴを子どもたちが捕まえるということをやっている学校があるそうです。
このことについても教育委員会から「自粛または保護者に不安を与えない形で万全の配慮をしたうえでの実施をお願いします」という依頼が出ています。

先日の私のブログのコメント欄に、「心配な母」さんから「長男の学校でヤゴ捕りが始まります」という不安の声をお寄せいただきましたが、これは上記のような「万全の配慮」がないということではないかと私は心配しています。
「心配な母」さん、ぜひ改めて個別にご連絡いただけたらと思います。

★給食のこと
給食については産地を確認したうえで食材を選んでいるということですが、具体的にはどこのものを使っているかについては、学校ごとに違うので各学校に確認してほしいということでした。

また、お弁当、水筒を持っていきたいという問い合わせについては、集団生活のなかで一緒に給食を食べましょうというのが基本だけど、あとは保護者の方と先生との話し合いの中で方針を決めているとのこと。

これらのことについても、「学校に聞いてはみたんだけど・・・」など、ご心配なことがありましたら、ご連絡ください。


放射能の測定についてなども書きたいと思いますが、長くなるので、それは次の記事で。

※かとうぎ桜子のHPはこちら

2件のコメント

[C370] 給食が心配です

給食の産地に関して、各学校に問い合わせる・・・っていうのはおかしいと思います。こういう状況で子供の口に入れる物の産地を、早急に各学校より書く家庭へお知らせ(手紙などで)するようにしてもらいたいです。
かつて年間100ミリシーベルトでOKとHPに記載していた練馬区のことですから、信用できません。
練馬区は内部被ばくのことも含めての対応を考慮しているのでしょうか?
少なくなったとはいえ、原発から放射能がだだ漏れしている現在、内部ひばくをできるだけ少なくするために、安全な食材を使うようにしなければいけないと思います。
  • 2011-06-04
  • 投稿者 : きなこ
  • URL
  • 編集

[C372] 温度差

一番上が小学一年生です。
私も学校側が放射能汚染に関して、どのような意識を持っているのか、もっと発信してほしいと思っていました。

給食の食材選びも、それを行う人が、『復興支援のため、できるだけ東北のものを食べよう!』という、政府寄りの考えなのか、『基準値以内だとしても、影響を受けやすい子供は、できる限り汚染されている可能性の低い、西の方からの食材を使おう』という子供の安全第一の考えかで、親の安心度が全く違います。

この意識の違いは、私の周りの人でも、すごく差があるので、学校によっても、先生個人によっても違うと思います。

私は政府の対応に完全に身を委ねるのではなく、個々に冷静に情報を収集し、周囲の人達と議論をしながら、その時々に最善の方法をとっていきたいと思っています。

学校側とも、一方的にうちは心配だから、給食を食べさせない、と壁を作ってしまうのではなく、私はこういう理由で心配なのですが、先生、栄養士さんはどうお考えですか?と、話が進められたらと考えています。
  • 2011-06-05
  • 投稿者 : 3児母
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/540-130fbb6a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ