Entries

被災地でのボランティア①(気仙沼その1)

8月26日、27日に被災地に出かけてきました。8月初旬に議会の視察として行きましたが、今回はボランティアとしてです。

3月の震災以降、何ができるだろうかと悩みつつも、現地に行っての活動などはほとんどできていませんでした。

区民のみなさんに「震災の時に不安に感じたこと」「被災地のために実践していること」についてお聞きするアンケートを配ったり、「議会で視察に行きます」という報告を区民の皆さんにしたりしていましたが、そんな中で、毎週のようにボランティアに出かけているという方と知り合いました。

8月に議会で視察に行く前にもその方にお話を聞いていたのですが、やはり議会の視察だと大人数だし、なかなかじっくり見てこられず、ボランティアとして役に立つこともできなかったので、「これは改めていかなくては」という気持ちになりました。

今回、私は議員としてアポをとって行ったのではなくて、いつもボランティア活動をしている方が信頼関係を持っている場所に連れて行っていただいて、お手伝いをしたり、お話を聞くというスタンスです。

私も含めて4人で車に乗って出かけました。

まず、気仙沼へ。朝出かけて午後3時過ぎに到着しました。

以下が、気仙沼の街の様子です。
DSC00752.jpg

DSC00755.jpg

津波の水が襲った建物の室内の様子
DSC00759.jpg

震災が起きた直後には車道も通れないほどだったということですから、それに比べたら整理されてきてはいるということですが、建物はそのままだし、とてもまだ元通りに暮らせる状況ではないですね。

8月に視察に行った時には、石巻の駅からそんなに遠くない地域の一部を見ただけでしたが、本当に広い地域に被害が広がり、とてもじゃないけどもとの生活には程遠いことを改めて感じます。

DSC00760.jpg

おだやかであればきれいな海。でも、逆側に目を転じれば、津波の爪痕が残っています。

DSC00761.jpg
ちょっと分かりにくいですが、写真を拡大してみてください。
真ん中でくねっと曲がって倒れている棒状のものは、街灯です。
奥に見える船着き場の屋根が手前から向こうに向かって傾斜していますが、これはもともとは平らだったものが持ち上がって傾斜してしまっているのです。


海に近い多くの家が2階くらいの高さまで津波の被害を受けて、がらんとしてしまっている中に、猪苗代病院という病院があって、ここで片づけのお手伝いをさせてもらいました。

DSC00751.jpg
手前の建物も被災していますが、その奥に見えるのが病院の入口。さらに奥にある石段を上がると神社がありますが、この日はここに泊めさせてもらいました。


病院も水につかってしまっていたところを、ボランティアで少しずつきれいにしたり、だめになってしまった医療関係の道具を揃えたりしているとのこと。

暑い時期に、網戸も流されてしまってないという状況の中、ボランティアが網戸の木枠を作って張って作ったそうです。私が行った日は、この網戸が長持ちするように、腐食や虫食いを防ぐ塗料を塗りました。

DSC00738.jpg
うつっているのは一緒に行ったうちの一人であるNさん。

それから、院長先生が長く大事に使っていたたくさんの椅子が水につかってしまって金具の部分がさびてしまったということなので、錆をとって錆止めを塗るという作業も。

DSC00739.jpg
作業してるうちに暗くなってしまって、作業後に撮ったので暗くて見えにくいですが、錆止め後の椅子。


到着も遅くなってしまったし、作業をしているうちに夜になってしまったなあ・・・と思っていたら、神社にある自治会の会館で少し前まで避難所をやっていて今は商店街の復興に取り組んでいる方が、「会館に泊まっていけばいいよ」と声をかけてくれたのでした。

その話題はまた次回。

※かとうぎ桜子のHPはこちら

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/556-61bf0ca8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ