Entries

日大の後継医療機関の決定

9月16日の議会・医療高齢者等特別委員会で、日大光が丘病院を引き継ぐ後継医療機関の決定について資料が出て議論がされました。

私は別な委員会(災害対策等特別委員会)に所属をしているので、それが終わってから傍聴をし、医療の委員会に所属をしている同じ会派の議員さんにあとで資料を見せてもらいました。

後継医療機関の名前は地域医療振興協会。公益社団法人で、東京北社会保険病院(北区)や台東区立台東病院などを運営しており、全国的に活動している団体だそうです。

提案として、小児科や産科は日大と同程度の医師を確保するということなのですが、ただ16日の委員会に出た資料は数が少なく、今までの経緯や選定の際の選定評価表が出ているだけです。地域医療振興協会が具体的にどんな提案をしたのかが分かりません。

選定理由の中には「運営開始後に損失が出た場合の補てんを区に求めていない」ということも書かれています。

一般質問でも言ったように、今まで赤字問題が繰り返されてきたことに対して今後区としてどう向き合っていくかが重要だと思います。上のように書かれているけれど、実際に赤字が続いた場合、どう対処していくのかはずっと考えていかなければならない問題だし、また医師の確保など本当に提案通りにできるのかも見ていかなければなりません。

それから、一般質問の答弁で「後継法人決定後は、区民の皆様のご意見を伺いながら、より良い病院づくりをめざしてまいります。」とありますから、区民の皆さんとともにこれらの課題を考える機会を作らないといけないと思います。


ひとまず、ご報告でした。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/568-7be0b04a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ