Entries

宇都宮けんじさんのこと

明日から東京都知事選挙が始まります。すでに何人かの方が立候補表明をされていますが、私は宇都宮けんじさんを応援したいと考えています。

宇都宮けんじさんは弁護士として多重債務問題や貧困問題にとりくみ、「年越し派遣村」の名誉村長や反貧困ネットワークの代表もされています。また、2010年度、2011年度には日本弁護士連合会(日弁連)の会長も務められました。

弁護士として個々の相談に応じながら社会的課題について提言もしてきた実績はそのまま、都政に生かされると私は考えます。

石原慎太郎氏の突然の辞職によって急に実施が決まった都知事選です。
宇都宮さんの立候補表明は11月9日。より多くの人に宇都宮さんを知っていただくには本当に時間的余裕のない中で準備が進められてきました。

去る11月21日には、練馬区内の関区民ホールで急遽、宇都宮さんをお呼びした集会が行われました。

0015.jpg
(携帯電話のカメラで撮ってもらったものなので少し見づらいですが、マイクの前が宇都宮さん、その隣が私です。)


宇都宮さんのお話の中で印象に残ったものをひとつご紹介します。

神戸の弁護士仲間から聞いたという、阪神・淡路大震災の課題についてのエピソードです。
阪神・淡路大震災では、特に古い木造の建物の倒壊・火災の被害が大きなものでした。倒壊した一帯の建物が撤去されたあとは広場や道路をつくり、高層の建物が建てられるという開発を中心とした復興がおこなわれました。しかし、古い木造住宅や商店で暮らしていた人たちは、新しい高層ビルは家賃がまったく高くて入れなくなる場合が多かったのです。
今では街並みはたしかにきれいになったけれど、そこで暮らす人の生活はガラッと変わり、コミュニティも失われていってしまったわけです。

これは災害復興の時のみならず、普段の地域の政治でも同様の課題があるのではないか、と宇都宮さんは言います。
東京にどんなに道路やハコモノができても、東京に住む一人ひとりが幸せでなければ意味がない。一人ひとりの生活の視点に立ち、一人ひとりの声を聞く都政を実現したい―。宇都宮さんはそんなお話をしてくださったのでした。


実はちょうど11月初旬に区議会・災害対策等特別委員会で神戸市・淡路市の視察に行き、その際に見てきたことやそれにあわせて読んだ何冊かの本で、私も宇都宮さんがおっしゃったことと同じ感想を抱いていたところだったのです。
阪神・淡路大震災からはまもなく18年という時が経ち、街はすっかりきれいになっているけれど、身近な家族や友人を失ったりそれまでの生活基盤を失った一人ひとりの負った傷は長い年月を経ても癒えないだろうと感じたのです。街並みがきれいに復興したことだけではその社会の課題は解決しないということを考えさせられたのでした。


東京の生活は、都心であることによる独特な課題を抱えています。

都心の便利な生活を支えるために使われてきた原発とどう向き合っていくか。
貧困状態にある人が、暮らしやすい住まいを確保しにくいという課題。
孤独死や虐待問題への対応。
保育園に入りづらいなど、子育ての環境改善をどう進めていくか。
そしてこれらの課題が、自分の身に起こらない限り、共有しづらくなっている都会の生活―。


まずは都政に向き合い、考えていく。民主主義を取り戻すとりくみを、この知事選を契機に作っていきたいという宇都宮さんの話に共感しました。

_IGP8183.jpg
(11月21日の集会の際に宇都宮さんと撮っていただいた写真。光の加減で私の頭が赤いですが…。色の修正を試みましたが、髪の色を程良く修正すると私と宇都宮さんの顔色が青くなってしまう、という具合に、うまくいきません 実物はこんなに赤くありませんので、念のため。)

宇都宮さんの政策は、こちらのHPをご覧ください。


ちなみに宮部みゆきさんの小説「火車」に出てくる弁護士は、宇都宮さんがモデルとのこと。
私は中学・高校の頃、宮部みゆきさんの本がとても好きでせっせと読んでいましたが、今、改めて読み直してみています。
やっぱり宮部みゆきさんの本は面白いですね。登場する温厚な弁護士の描かれ方に、宇都宮さんの顔を思い浮かべながら読んでいます。

1件のコメント

[C423] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012-12-27
  • 投稿者 :
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ