Entries

2014年度予算の質問④ 住民税の増税について

2012年2,3月の区議会で、住民税の増税についての議案が通りました。(詳しくは、2012年4月の私の区政レポートに書きましたので、こちらをご覧ください。)


東日本大震災をふまえ、防災のための対策にお金がかかるということで、それに充てるために特別区民税(練馬区の住民税)の500円、都民税500円、合計1000円が値上がりになるという議案で、実際にはこの4月から適用されることになります。

まず、住民税の均等割の部分に増税されるので、所得が高くない人でも均等割の課税対象になっていれば1000円分値上がりになります。つまり所得が高くない人ほど負担感が大きくなるという問題があります。また、これも前回のブログに書いた消費税と同様、一般財源に入れられるため、本当に防災のために使われるのか、という問題もあります。

防災の何に使われたのかを区民に説明する責任があるという点を指摘しました。
(これも消費税同様、練馬区の予算のページに詳しい資料が出ています。こちらのページの下の方に「復興増税の活用について」という資料があるのでご覧ください。)

----------以下、未定稿の議事録より---------
(かとうぎ桜子)
次に、資料3の税制改正の影響額の試算に関連して伺いたいと思います。

個人住民税について、500円分を防災のための施策に必要な財源に充てるために増税するということで、練馬区議会では、2012年の第一回定例会で条例改正が行われて、来年度(2014年度)から実施されることになりますが、練馬区の来年度の影響額は1億7,900万円余であるということです。

これも、さきほどの消費税のお話と共通する部分があるかと思いますけれども、どのくらい新規の防災対策に充てていくのかということを、区民の皆さんにわかりやすく示していく必要があると思います。

条例改正が行われてから、かなり時間がたっていますけれども、この間、どのような周知をしてこられたのか、まずお聞かせください。

(財政課長)
復興増税に500円アップということで、こちらの区税つうしんといったもので周知はしてございます。

ただ、使われ方等について、これまで示しておりませんけれども、恐らく消費税アップ分がどう使われたのかというのと同様に、今回の復興増税アップ分は何に使われているのだという話は、当然出てくる話だろうと思います。

ただ、復興増税の分についてややこしいのは、平成26年度から10年間ということで、今後10年間に500円ずついただくという話になってございますが、使われ道につきましては、平成23年度から平成27年度までの5年間に充てると法でなってございます。その辺の説明の仕方は、工夫がいると思います。私どもも理解しにくいのでございますけれども、理解したうえで、区民の皆さん方にも納得できるような資料を、目指していきたいと考えてございます。

(かとうぎ桜子)
金額が上がるということだけではなくて、区政の中で、皆さんから集めた税金がどのように使われているのかということを、しっかり説明していくということは、とても大事なところだと思いますので、工夫していっていただきたいと思います。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ