Entries

大泉学園の新病院計画

この数回、予算の質疑の報告を連続して書いている途中ですが、昨日の区議会・医療高齢者等特別委員会で報告のあった、新病院のことについて書きます。

昨日、区議会の医療・高齢者等特別委員会があり、学園町7丁目に療養型の病院を作る計画が報告されました。

以前から調整中という報告があったのですが、具体的な場所と法人の内容は昨日初めて公表されました。
大泉学園通りのヤマダデンキの2本先の通りにゴルフ練習場がありますが、そこに作るという計画。

医療法人が土地を借りて作るので、設立そのものに区が財政的負担などするものではなく、東京都との協議や地域との調整、また医療内容に関する支援には関わる可能性がある、というような役割分担と聞いていました。

急性期を過ぎた患者さんの療養、また在宅に戻った後の訪問診療、介護との連携、通院・通所リハビリなどをやっていくそうです。

これからゴルフ練習場の除却をし、設計、建築をして平成29年度に開設予定だそう。病床数は東京都が二次医療圏の計画を立てるので練馬区だけでは決められず、現段階では67床。
引き続き東京都と協議をして病床数を増やす努力をしつつ、併設で老人保健施設を作る。

関越より北側の地域は、大泉学園通りから入った道は碁盤の目状になっていて、交互に一方通行です。そこでゴルフ練習場の除却や病院建設をするとなると、道路の安全確保が気になる点。今のところ近隣には戸別に資料配布をし、説明会の予定はないということなのですが、病院の内容の説明と工事の説明の場は設けるべきだと指摘しました。

そんな議論をしてる中で、他の議員さんの質問から、ビックリすることが判明しました。

1378784_847934615223799_2905151352173142622_n.jpg

上の写真は昨日出た資料の一部ですが、この地図の上のほうの四角い囲みの中が予定地。

Tみたいな形になっているでしょう。
北側の横長の土地は医療法人が民間から借りるけど、南側の小さな土地は練馬区が買い取るというのです。
練馬区が買うってことは、当たり前だけど練馬区のお金を使うわけ。最初の説明で練馬区はこの病院の建設に財政的な支援は考えてないって言ってたのに。違うじゃない!!

こんな大事なことを最初に説明せず、議員から出た質問の中で答えるなんて!
しかも、病院と施設本体は北側の土地に建てて、南側の土地はまだ使い道が決まっておらず、空地にする方向で協議中だとか。

なぜ練馬区が買うのかという質問には、前から土地の持ち主から買い取ってもらえないかと言われており、ちょうど病院にくっついた土地だから、あったほうが良いと思った、みたいな説明。

えー(T ^ T)
買ってちょうだい、と言われたら買っちゃうほど練馬区ってお金持ちな訳じゃないでしょうー(T ^ T)

例えば建ぺい率の問題とか、病院施設の両側面が接道してなきゃいけないとか、なんらかの事情があるならそれはきちんと説明すべき。
それにしても基本は練馬区が買うんじゃなくて医療法人が買うなり借りるなりすべき。
万一それができない、どうしても練馬区が買わないとうまくいかないんだ、という理由があるというならそれを説明するのが筋というものでしょう。
それなのに、まるで一体の土地であるような資料なんか出しちゃって!

練馬区が病院の建設に関してどのような関わり方をするか、道筋を通して役割を果たさないと、法人や土地所有者との話し合いの中でなし崩し的にお金を出したり当初の役割と別なことやるのは、ちょっと筋が通らないんじゃないの、と思います。

とにかく、聞かなきゃ隠しておくつもりだったのかと疑われるような今回の報告はひどすぎる。経過を整理してまとめた上で改めて報告してほしい、というところで昨日は終わりました。

また、今後の経過は報告していきたいと思います。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ