Entries

7月16,17日に気仙沼に行ってきました。

これもまたご報告が遅くなりましたが、7月16日、17日の2日間、宮城県気仙沼に出かけてきました。

行ってきた様子のご報告の前に、最近、議員が政務活動費を実態がないと思われる旅費に使っていた問題が話題になったので、今回の私の旅費について書いておきます。
私は基本的には交通費等はどこに行くにも政務活動費を使わず自費で行っているのですが(研修や視察に行くときの交通費は出しても良いものだと思いますが、私はそうしていない)、福島・宮城に行く時も費用は全部自費です。区民の皆さんをお誘いしてみんなで気仙沼ツアーをする時にも、市民ふくしフォーラムの費用からも出しておらず、全額参加者が実費負担をしています。

さて、内容のご報告です。

気仙沼は2011年夏に初めて訪れて以来、特に南町紫市場という仮説商店街の方と交流を続けています。
初めて訪れた時はまだ避難所がようやく終了したころで、商店街もできていませんでした。
南町紫市場は2011年12月にオープンしました。仮設といってもオープンさせるためには一定の費用や物理的な負担がかかる。その負担をできるだけ抑えて本設移行の力をつけられるようにと、商店街を中心に支えている坂本さんが努力をされて、助成金に応募したりカンパを募るなどをしながら店舗の家賃などの費用負担を抑えられるようにがんばっていらっしゃいます。
そんな大変なご苦労をお聞きしていたので、2011年12月に商店街がオープンしてから私も皆さんによびかけてカンパを募り、お送りしています。

時折実際に出かけて最近の気仙沼の様子を拝見し、交流をするという活動も続けています。

前回、区民の皆さんをお誘いして気仙沼に行ったのは1月のことでした。半年の時間がたちましたので、最近の様子をまた見て皆さんに報告し、そして次の気仙沼ツアーで訪れる場所を考えてこようということで、今回は一人で出かけてきました。(一人で行ったので私が写ってる写真がないのですが…)

写真 1
これが南町紫市場の建物。現在54店舗が営業中。本設の商店街の計画が具体的に進められてきているので、現在は商店街をどのようなものにしていくか、話し合いがおこなわれていると伺いました。

DSC02126.jpg
こちらは紫市場から少しのぼったところにある紫神社の境内にある集会所「紫会館」。震災後は夏まで地域の人の自主的な運営による避難所になっていました。「紫市場」の名前も、ここから来ているんですね。
私が初めて訪ねた2011年8月は避難所がすでに閉鎖されていたので、ここに泊めさせていただきました。

写真 2

写真 3


街の中はかさあげの工事が進められています。気仙沼は津波の被害のほかに広範囲にわたって地盤沈下が起きているので、復興のまちづくりを進めるためにはまずは土地のかさ上げをしなければならないのです。街の中はトラックがたくさん走っていました。

DSC02116.jpg

今回は、リアス・アーク美術館というところにも行ってきました。
南町紫市場からは車で15分くらいの距離にあるので、今まで行く機会を持てず、今回初めて行きましたが、とてもよかったです。
大昔からの気仙沼の漁業や食文化、生活のことなどをまとめた民俗資料の展示は、手描きの絵なども交えたとても分かりやすい興味深い展示でした。

また、東日本大震災の時の写真や、被災した人から話を聞いてまとめた文章の展示などもすごくよかったです。一人一人の声が記されているものを読んで、震災がどれだけ一人一人の人生に影響を与えたかを改めて感じました。

私は閉館前の1時間、見てきましたが、この2つの展示を見るのには時間が足りませんでした。じっくり読むには2時間くらいあったほうがよさそうです。

本当に良い展示でしたので、気仙沼にお立ち寄りのときはぜひ行ってみてください。

今度、私が皆さんをお誘いするツアーをやる時にも、ここはぜひ行きたいと思いました。

南町紫市場は12月でオープンから丸3年になります。その時期にまた伺いたいと心に決めて帰ってきました。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ