Entries

特別委員会について

毎日暑いですね・・・。


少し動くとやたらと汗が出るので、最初、「どこか体が悪くなったんだろうか」と思っていましたが、暑いんですね(^^;


今朝は保谷駅北口で朝のご挨拶をしていましたが、今日は朝の6時代から30度を超えていたとか。途中で自分がパサパサになっていく感じがしました。


さて、7月末にあった委員会の報告。


7月30日は「総合計画等特別委員会」。


前にも書いたような、心で思っただけで書いてないような、曖昧なので改めて・・・。


自治体には「基本構想」というのがあります。


これは、長い目で見て練馬区がどんなまちになったら良いか、ということを書いておくもの。


もう少し身近なものだと、「計画」って言うのがあると思います。自治体の基本計画があって、さらに子育て、高齢者、など、分野別の計画がある。


そういう、個別具体的なことだけではなくて、10年20年のスパンで見てまちを考えるのが「基本構想」。


個人の人間と考えれば、「今年の目標」が「計画」ならば、「人生設計」が「基本構想」というところでしょうか。


時代が変われば、その「基本構想」も見直さなくちゃならない。


今、練馬区はその見直しの時期に入っています。


区報で一緒に「10年後の練馬区」を考える区民を公募。8月末に初回の集まりがあって、月に1回程度の話し合いが開かれることになります。


私は、新宿のNPOで働いていた時に、新宿区の基本構想の見直しの会議に参加していました。それが議員になりたいと思ったひとつのきっかけでもありました。


新宿の時には、「区民の代表である議員が決める内容を、また別に区民を公募して話し合わせるとは、議会軽視だ」と言っている議員がいるという噂を聞いたことがありました。


でも、参加している者としてはとても有意義でした。いろんな意見、いろんな立場の人と知り合うことができ、議論をする中で歩み寄れる部分があったので。議会でもそんな中身のある議論を戦わせることができれば良いんだと思うんですが、現実にはそうではないから、区民が議論をしてもある意味議会とは役割が住み分けできていると思うんですが・・・(苦笑)


練馬区の場合、区民の話し合いがきちんと基本構想策定に生かされるのかどうか、「区民との協働」のアリバイ作りに終わらないのかどうかという部分にも注目していきたいですね。


可能な限り、区民の話し合いの傍聴をしたいなと思っています。


かとうぎ桜子を育てる会

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://sakurakohappysociety.blog56.fc2.com/tb.php/99-f666b075
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ