Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全保障関連法の成立断念を求める意見書の提案


区議会定例会の最終日、超党派の議員13名で、安全保障関連法案に反対する意見書を国に提出することを提案しました。議員50名のうち、この13名を除く議員は意見書提出に反対しましたので、残念ながら区議会としての提出はできませんが、取り組みのご報告をさせていただきます。
反対した議員は、「区議会には区民から安全保障関連法案に関する陳情書が出ているのに、その陳情書を審査し区議会として結論を出すというプロセスを経ずに一方で議員が意見書を出そうとするのはおかしい」という、内容ではなく手続き上の問題としての意見がありました。
しかし、区議会定例会は今回終われば次回は9月です。国会が今これだけ動いてる中で、今区議会としての考えを示さなければ、陳情書に対しても事実上、結論を出す機を逸することになりかねません。
日本の社会を大きく変えようとする動きがある中で、後から振り返って、抵抗のために何もしなかったと後悔はしたくないと思います。でき得る限りのことをしていきたいと思います。

最終日の本会議では、共産党のとや英津子議員が提案理由を説明する発言をしてくださいましたので、以下にご紹介します。

20150701095755a8c.jpg


安全保障関連法案については、報道によれば全国ですでに250近い地方議会が意見書を採択し、その大半が廃案または慎重審議を求めるものだとのこと です。国の行く末を左右し、立憲主義の根幹を揺さぶりかねない事態の中で、私たちは地方議会の責務を果たすべく、意見書を提案することとしました。

日本共産党練馬区議団、生活者ネットワーク、市民の声ねりま、オンブズマン 練馬、市民ふくしフォーラム以上5会派、13名の共同提案である、「安全保障関連法案」の今国会での成立を断念するよう求める意見書案文を読み上げ、提案理由とします。



「安全保障関連法案」の今国会での成立を断念するよう求める意見書
安倍政権が今国会で成立させようとしている「安全保障関連法案」は、立憲主 義および憲法9条を否定するものとして、多くの批判が寄せられている。衆議院 憲法審査会では、与党の参考人をふくめ、招致された3人の憲法学者全員が、こ の「安全保障関連法案」は「憲法に違反する」と明言している。どのマスコミの 世論調査でも、法案に「反対」し、今国会での成立に「反対」する声が「賛成」 を上回っている。

そもそも日本政府は、戦後一貫して、憲法9条の解釈について「海外での武力 行使は許されない」ことを土台としてきた。ところが昨年7月1日の「閣議決定」 と、それを具体化した今回の「安全保障関連法案」は、日本に対する武力攻撃が なくても、他国のために海外での武力行使に道をひらくものとなっている。「武 力行使と一体化しない後方支援」だから合憲だとする政府の主張は国際法上も 通用しない。これは、一内閣の専断で、従来の憲法9条の解釈の根本を 180 度 転換するものである。自衛隊にとっても、創設以来、一人の外国人も殺さず、一 人の戦死者も出さないできた歴史をくつがえすことになる。

日本の国のあり方を左右する重要な問題でありながら、11本もの法案を短 期間で一括審議するなど、国会での十分な審議も保障されていない。安倍首相が 「夏までに成立」をアメリカに公約し、会期を大幅に延長してまで法案成立を強 行しようとしていることは民主主義の理念を否定するもので許されない。国会 での多数議席を頼みに、国民の意思を無視した法案成立は、日本の進路を誤らせ るものである。

国会及び政府等に対して、「安全保障関連法案」の今国会での成立を断念する よう、強く求めるものである。

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

児童館条例への反対討論

今日までで区議会第2回定例会が終了しました。

最終日は議案の結論を出すのですが、その中で、児童館条例の改正に反対し討論しましたので、以下にご紹介します。

議案第63号 練馬区立児童館条例の一部を改正する条例に反対の立場で討論します。

この議案は新たに平和台児童館、東大泉児童館を指定管理者による管理運営とするため条例の改正をおこなうものです。
2013年度、区内17カ所ある児童館のうち2か所にはじめて指定管理者制度を導入しましたが、今回はさらに2か所の指定管理となります。

厚生労働省が示す「児童館ガイドライン」には児童館の役割として、
・子どもと長期的・継続的に関わり子どもの発達の増進を図ること
・家庭や地域の子育て環境の調整を図り、子どもの日常生活を支援すること
・子どもと子育て家庭が抱える可能性のある問題の発生の予防、早期発見
・子育て家庭に関する相談・援助
などが挙げられています。

児童館はボランティア・協力者としてつながりを持つ地域住民も含め、さまざまな生活背景を持つ人の「地域の拠点」となる施設です。
中には貧困・虐待など様々な事情で家庭や学校にいづらいという思いを持つこどもたちもいます。児童館職員がこどもたちと遊びや日常生活の会話を通じて長期的・継続的に信頼関係を築く中でこどもの声に耳を傾けること、こどもから発せられる言葉の奥にある背景や気持ちを受け止め信頼関係を維持しながら課題解決に向けたサポートをしていくことはとても重要な役割です。
これは、その子が今後の人生において人に対する信頼感を持ち、必要な時にはSOSを出しても良いのだと思えるようになり、どんな課題に遭遇しても、たとえ失敗することがあったとしても、自己肯定感をもって生きていけるようになるための重要なポイントです。
児童館職員がこどもの置かれた立場や思いに寄り添い、こどもの視点に立って活動していく中では、ときに関係機関との調整は厳しいものになるかもしれません。成果が来館者数など目に見える指標で測られることの多い指定管理者制度はこうした性質の事業にはそぐわないと考えます。

今回の指定管理者導入にあたって区は、初回の2館の状況をふまえ、引き継ぎの充実や区としての巡回によるサポートなど、一定整理された部分もあると説明されました。
しかし、そもそも区として「こどもの声をいかにしてキャッチしていくか」という点の整理ができていないと考えます。
数値としての成果には見えづらい要保護児童への対応などについて、児童館が果たすべき役割はなんなのか、児童館の専門性をどのように維持・向上させるのか。児童館ガイドラインに基づき区としての考え方を整理すべきですし、その上で児童館にとって指定管理者制度がなじむのかどうか、区としても改めて検証する必要があります。
児童館という施設そのものの意義、また児童館における指定管理者制度の検証は一般的なモニタリング等の評価とは別に福祉の専門的な視点から行う必要があることを指摘して、議案に対する反対の討論とします。

colaboの「夜の街歩きスタディーツアー」&報告会への参加

昨年(2014年)秋、保谷駅前公民館でおこなわれた、仁藤夢乃さんと稲葉隆久さんの講演会に参加しました。(その時の詳細はこちらのブログをご覧ください。)

仁藤さんたちはcolaboという団体を作り、繁華街にいたりJKビジネスなどで働いている若い子たちに声をかけ、相談に乗る活動をしています。
実際、若い子を取り巻く環境がどうなっているのか、街の状況を見て歩くスタディツアーもやっているということで、講演を聞いてからずっと参加したいと思っていたのですがなかなかタイミングが合わず、ようやく5月下旬に参加してきました。また、ちょうど街歩きに参加した1週間後に開催されたcolaboの活動報告会にも参加することができました。

仁藤さん自身が高校生の頃、家にも学校にも自分の居場所を見つけられず、都心の繁華街で寝泊まりした経験があったとのこと。そこでできた友人たちも同様に、親との関係がうまくいかないなど家に帰りづらい事情を持っているのだけれど、繁華街にいて声をかけてくる大人は、性的に搾取しようとする大人や、安い労働力として使おうとする大人ばかりだったそうです。女の子だと性産業、男の子だと本来ならば経験知識がないとできないような危険な労働に安く従事させようとしたり、あるいは犯罪に加担するようなことで働かせようとされるということです。
仁藤さんは、こういう「利用してやろう」というんじゃない、仁藤さんをひとりの人間として尊重してくれる大人に出会えるきっかけがあって、今はこうした問題を社会に発信する活動ができるようになっていると聞きました。


講演で聞いた話によれば、働いている子たちがお店のチラシを作る部分にもかかわるなど、やりがいをもって仕事ができるようなしくみがあったり、お店の人が話を聞いてくれる・相談に乗ってくれるということもあって、居心地のいい「居場所」となっていく面があるようです。
たとえばメイドカフェと聞くと比較的気軽に行ってみようかと思う人もいるかなとも思うのですが、働く側にとっても働き始める入口のハードルがとても低いのだと思います。女の子自身が「危険な目にあう可能性のある仕事」とは思わずに働き始める場合も多いのだろうと感じました。

JKビジネスの場合、客が女の子と一緒に散歩をするとかマッサージをするとかいうものだということなのですが、そこに「ハグをする」などのオプションがあったり、さらに性的なことをする裏オプションがあったりもするそうですし、客と女の子だけになる場面があれば性被害の危険は当然あるでしょう。

それまでその場が自分にとってやりがいや居心地の良さを感じられる場所だったら、そして学校や家庭や地域に居場所がないと感じている子であったら、たとえ被害にあってもなかなかその場所から抜け出すことができない場合もあるでしょうし、そこが大事な場所だと思っていた分だけ被害を受けたダメージも大きいものになってしまうであろうことは想像できます。

誰でも通ることのできる明るい繁華街の中で10代の女の子たちが客引きをしていて、道行く人はそれが景色の一部であるように当たり前に受け止めてしまっている―それが今の東京で繰り広げられています。

また、街には「アイドル」のDVD、アダルト系のDVDを売っている店があり、その中には明らかにどう見ても10歳にもなっていないこどもたちのDVDが売っています。パッケージを見るとその子たちは水着などを着て、性的と思われるポーズをとって写っています。しかし、一応は着ているので、児童ポルノとはみなされないとのこと…。
その子たちがもう少し大きくなって自分がさせられていたことの意味に気づいたとき、どのような打撃を受けるだろうかと考えるだけで許しがたいですが、それも、法的には問題ないと放置されているのが、今の日本の状況でもあります。


お話を聞いてから自分で注意して見ながら街を歩いてみると、実は街の中には女の子に声をかけるスカウトの人がいるということも気づいてきます。
街中にはところどころにホストクラブや風俗などの「高給アルバイト」の紹介のあるフリーペーパーが置いてあるので、家に帰れないからすぐに仕事をしてひとまずのお金を得たい人がすぐ手に取れるようになっています。
そして街中にはところどころにコインロッカーがあります。家出をしてきた子はコインロッカーに荷物を入れているから。需要があるから、よく見ていると街の中にちょいちょいコインロッカーがあるのです。
駅でもない、居酒屋や風俗店が雑然とある繁華街にちょいちょいコインロッカーがあるというのも考えてみれば不思議なことなのに、こうした状況を聞いてみるまで私は全然気づいていなかったことにも衝撃を受けました。


このような繁華街を歩きながら女の子たちの取り巻く環境を見て、そして私自身の人生を振り返ってみて改めて思うのは、私も(そしておそらくほかの多くの人も)こどもの頃から性被害の危険にさらされ続けている社会であるということです。
その子を本気で被害から守ろうという大人がいなければ、あっという間に巻き込まれてしまう社会だと思います。

私は小学生から高校生くらいまではよく痴漢の被害にあっていたし、大学生、社会人と進む中では今度は言葉を中心としたセクシュアルハラスメントの被害にあってきた経験があります。
「この程度のことは嫌でも我慢すれば済むことなんじゃないか」と言われたり思わされたりする経験もしながら、「でも本当にそうだろうか」と、女性に起こる性被害や女性の人権について学ぶ中で、「やはり、被害者が我慢して済ませるべき問題ではない」と私は思えるようになったけれど、それでも性的に不快なことを言われたりされたりしたときに明確に「それは不快だ」と言えるようになったのはほんのこの数年だし、それは議員になってからも何度も性的侵害を受けそうな不快な経験を繰り返しながら最近になってようやくだいぶ自分を守るすべを身につけられてきたように思います。


もっと小さいうち、若いうちは危険を未然にキャッチする力もまだ十分でないですから、自分自身で明確に自分を守ることはできないので、「自己効力感」を失った感じがして余計に傷つくのですが、私の場合は小さいうちは物理的に家に逃げ帰ることでそこをリカバリーできていたのだと思います。
ただうちの母は「被害にあうのはぼんやりしているあなたが悪いのよ」と言うような、典型的に二次被害を与えているタイプの人だったし、私に対する依存が強い人だったので、私が19歳の時に亡くなった母がもう少し長生きしていたら、私も「家は逃げ場所・居場所にならない」と思うようになっていたかもしれませんが。
それでもなんとかやってこられたのは、そのときどきで支えてくれる友人や周りの大人がいたり、「つらい思いをするのは自分のせいではない」という気持ちの土壌となる情報を得られるきっかけがあったりしたからだと思います。
こうした縁を得られるかどうかは本当に運でもあるとも思います。私と母の関係を思い起こしても、ほんとにしみじみ思います。

若くて人生経験もまだ少なく、辛いことから身を守るすべをまだ身につけていない人につけ込んでくる大人(それは性的なことだけではなくて、色々な面で)は残念ながら私たちの周りにもたくさんいます。
そうした搾取や攻撃の被害にあったときに人的サポートや情報がなく、立ち直れない打撃を負って自分の存在自体を肯定できないところまでになってしまうことは、ちょっとしたタイミングで誰にでも起こりうるのではないでしょうか。 

まだ10代にもなっていないような子までもがその渦中に巻き込まれてリカバリーできない状態に置かれている現状を見過ごしてはいけないと思います。

そして、私が小中高校生だったころを振り返ると、私の級友にも本当はつらい気持ちを抱えた子がいたかもしれない、とも思います。でも当時の私にはそのことに気づくアンテナがまだなかったから、友人たちに対して何もできなかったということを心の痛みとともに感じます。だから今からでも私にも何かできないかと思います。


5月末のcolaboの報告会では、女の子たちが書いた文章もいくつか紹介されていました。児童相談所や施設の職員は仕事としての範囲内で関わっていると感じてそれに傷ついてきたことなども言われていました。

性産業ではスカウトの人やお店の店長が女の子たちに節目節目の良いタイミングで声かけをし、その子の性格に合ったお店に配置し、相談に乗り、励まし、役割を作るといったことをしているそうです。それに比べると福祉の専門職は女の子のいるところに出向いて声をかけていくことも少ないし、SNSなどで若い子たちが「つらい」と発信してもその声をキャッチできているわけでないし、スカウトの人たちに全然追いつけていない現状があるのだと、仁藤さんがおっしゃっていました。

スカウトの人に対抗して、若い子たちに友人として声を掛け合える関係を広げていかないと、居場所がないと感じる子たちはどんどん搾取されていく方向、つらい状況へと向かっていってしまう、と。


こうしたお話を聞き、スタディツアーにも参加して、私はそれからずっと、「私には何ができるのか」と考え込んでいます。

仁藤さんや稲葉さんは「まずは現状を知り、知ったことを周りに伝え、そして若い子たちを取り巻く現状をもっと多くの人に広めてほしい」とおっしゃっていたので、その点でまず私ができることとして、カンパをするとか、こうしてブログに書くとか、それはひとまずやったわけですが。

でもそれだけではない、何かをしたいと思います。これは、私のこれから4年間の目標の一つでもあります。

講演を聞いて「知ったつもり」になったり、仁藤さんや稲葉さんのように実際に今活躍している人と知り合いになることで「自分も活動したつもり」になったりはしたくないと、常々思っているのです。何か具体的に行動しなければ。

ただ、スカウトの人に対抗できるような活動をしていくためには、私だけではなく、あと何人か、colaboのような活動をバックアップしたり広げたりするために具体的に何か行動したいと思う人と知り合えたら一緒に知恵を出し合ってもっとなにかできるのではないかという気がします。

今までの経験上、こうして思いを発信すると案外すぐに仲間が見つかったりするので、まずは書いてみました。
そしてまずは私ひとりからでも何ができるか、引き続き試行錯誤、考えていきたいと思います。

勉強会「犯罪被害者支援について考える〜犯罪に巻き込まれた時 、練馬で受けられる支援を知っていますか」のご案内

犯罪の被害に遭った方が必要とされるのは、犯罪そのものへの対応だけではなく、それによって変化する日常生活への対応もあります。私は2期目の活動の中で、この課題にも取り組み始めましたが、市区町村における犯罪被害者支援の必要性の認識自体がまだ十分ではない現状があります。
(2期目の間に質問した内容はこちら

3期目にはさらに力を入れて取り組んでいきたいと考えていたところ、この問題に取り組んでいるグループの方から練馬区で勉強会をしたいというお申し出をいただきました。詳細は以下です。(チラシはこちら
ぜひご参加ください。

---------------
ひったくり、オレオレ詐欺、性暴力、DV、ストーカーなどの犯罪は、皆さんの地域でも起きています。
被害に遭ったときにどんな支援を受けられるか、知っていますか?
犯罪の芽を摘み取ることは大切ですが、犯罪に巻き込まれてしまった方にすぐに支援の手を届けることが欠かせません。
練馬では、いまどんな支援が受けられるのか、これからどんな支援があったらいいのか、一緒に考えてみませんか? 

会場 石神井公園区民交流センター和室1

お申し込みは以下のいずれかの方法でお願いいたします。
Facebookのイベントページで参加表明
・加藤木桜子事務所宛に申し込み
電話03-3978-4154 FAX03-3978-4158
メール sakurako_happy_society@yahoo.co.jp

「60万回のトライ」の上映会に行きました。


5月8日、練馬文化センターに「60万回のトライ」というドキュメンタリー映画を見に行きました。写真は、監督さんと撮っていただいたものです。

11011885.jpg

この映画は大阪朝鮮高校のラグビー部を追ったものです。
大会には出られなかった時代もあった朝鮮高校の子達が、決勝まで闘っていく様子を追っています。
日本の社会でつらい思いをしてきた在日の大人たちがどんな想いでキラキラ輝くこの子達を見守っているのかと考えると胸が熱くなる、良い映画でした。

映画の中で、橋下徹さんが朝鮮高校に視察に来る様子があり、これも心に残ったもののひとつです。
ふだんニュースで記者会見などの様子で見る橋下さんは冷たい印象でしたが、高校生に声をかける橋下さんは優しげな印象。
在日の人をはじめ、様々な立場にある人と言葉を交わす経験を積んできた人なのではないかと感じました。
なるほど、笑顔で語りかける橋下さんを知っている大阪の人たちは思わず応援したくなるのかもしれない、と初めて感じました。

ところが、笑顔で高校生と話した後に橋下さんは朝鮮高校への補助金をカットしているので、表情と行為が噛み合わないのです。
だから、その冷たい政治の対象となる当事者にならないかぎりは橋下さんの冷たさに気づきづらいかもしれません。

基本的に橋下さんは自分が努力して弁護士になれたのだから苦労してる人は努力が足りないんだと捉えるタイプの人なのかも。
でも、成功は自分の才能や努力だけではなく、周りの人的サポートや制度的サポート、そしてタイミングといった運も加わって成り立っているのではないかと、私は思います。

自分とは違う状況に置かれる人もいるのだ、という客観的な視点や想像力がないと、自分の経験だけでは他者に共感する感覚は育たないものかもしれないということを考えさせられたのです。

思い出すほどに良い映画でしたので、まだご覧になっていない皆さんもまた機会がありましたらぜひ見てみてください。
ホームページはこちら

それから、今回の上映会に視覚障害のある人が参加され、駅から会場までの案内をしてほしいという要望があったということで、スタッフという立場で私が案内役をやりました。

障害のある人と一緒に街を歩くと、ふだん一人で歩いているのでは気づかないことに気付けたりしてとても楽しいです。

ただ、今回の映画は字幕が結構あったので、それを読み上げる役割もやれば良かったと、あとから気づいて後悔(>_<)

音声ガイド付きの上映会っていうのを私も少し前に企画しましたが、音声ガイドは目が見える人にとっても分かりやすいので、もっともっと広がったらいいなと改めて思いました。

Appendix

桜子のツイッター

プロフィール

かとうぎ桜子

Author:かとうぎ桜子
1980年生まれ。

保育士、ヘルパー2級、社会福祉士の資格を使って福祉の仕事をしてきました。
制度だけでは一人ひとりが安心して生活するまちを作るには不十分だと考え、誰もが安心できるまちのしくみ作りをしていきたいと考えています。

2007年4月の統一地方選で練馬区議会議員に初当選。

2010年3月、「市民参加と公共性―保育園民営化を契機として」と題する修士論文を書き、立教大学大学院・21世紀社会デザイン研究科を修了。

2011年4月 無所属で2期目に当選。

2011年末に子宮頸がんが見つかり、2012年春に円錐切除の手術をしました。その後は今のところ再発もなく元気に仕事しています。
この経験を活かし、がん検診の啓発など健康に関する課題にも取り組んでいこうとしています。

2015年4月、3期目に当選。

会派は市民ふくしフォーラム。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

過去ログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。